診療時間 日・祝
9:30~14:00
14:30~17:30

…9:00~13:00 【休診日】火曜・土曜午後、日曜祝日
◆当院は予約制となっております。
※急患の方はお電話にてお問い合わせください。

TEL:FAX 083-902-8865

〒753-0045 山口県山口市黄金町4-16

携帯:080-9130-6480

一般歯科

HOME»  一般歯科

歯みがきすることの重要性

ゆかたちよみ歯科では、まず御自身で歯みがきを頑張ってもらうことを重視しています。
私たちは、歯石をとったり、むし歯を治したりすることにより、皆様のお手伝いをします。

今までは・・・
むし歯、歯周病を治す→歯みがきを怠る、歯みがきの仕方が分からない→また再発する→治療→歯を失うといった悪循環に陥っている方も、みがき方、みがく時間を見直すことで、好循環にもっていきたいと考えております。

むし歯を治した、歯周病を治した。実は終わりではないのです。 ごはんを食べる限り菌を除去しないと増えていきます。 治してからのメンテナンス(プロのケア、御自身の歯みがき)が一番大切となります。

口の内を綺麗にする事は、おいしく物を食べたり、口元の美しさ、他の病気になるのを防ぐなどQOL(生活の質)の向上にもつながります。

歯科虫歯の進行と治療

C0

C0は虫歯になる前兆です。歯の表面のエナメル質が透明感がなくなり、白濁している状態をいいます。

【治療】
フッ素塗布や経過観察をしていきます。

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合わせの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【治療】
ほとんどの場合1回の治療で、虫歯菌に感染した部分を取り除き、金属または白いプラスチックを詰めます。

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【治療】
感染した部分を取り除き、型を採り金属または白詰め物などの修復物で処置をします。

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【治療】
根幹治療により感染を除去し、型を採り、かぶせもので処置をします。

C4

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

【治療】
なるべく抜かないような方向で考えます。

Page Top